社員インタビュー:松谷
Message

社員インタビュー

PROFILE

松谷 勇史朗 YUSHIRO MATSUTANI

名古屋工業大学 電気・機械工学専攻卒。 プログラミング初心者ながらもエンジニアとして創業期のスタメンへ新卒入社。2018年からはテックリード、マネージャーとして開発チームを支えている。

スタメンに入社するまで

今ではエンジニアとして活躍されていますが、大学時代はどんな生活をしていたんですか?

もともと僕は電気系の専攻にいました。とは言っても、何かを専門的に学びたいというよりも、正直、周りの流れに身を任せていました。その頃はエンジニアになるなんて全く予想できていなかったんですが、大学院1年のときに友人が見せてくれた自作のWEBサービスが、僕を変えることになります。

そのキッカケについて、具体的に教えてもらえますか?

友人が自分で開発したサービスを見せてくれたんです。その完成度に驚くとともに、自分の手で作ったサービスがどこかで誰かの役に立っていることに衝撃を受けました。自分も触発されて、翌朝には全貯金を下ろしてMacBook Airを購入しました。その月はお金が無くなり、ガスが止まって風呂に入れないことがあったのも、今となってはいい思い出です(笑)

すごい行動力ですね(笑)

中・高までは流されるままに行動していたので、大学では変わらないといけないなという危機感もありました。

プログラミングはどのようにスタートしたんですか?

PCを購入したあと、勢いで大学のプログラミング部に入りました。院生は僕しかおらず下級生だらけでしたが、受け入れてもらえたので頑張れたと思います。

そんな中でスタメンとはどうやって出会ったんですか?

プログラミングにハマり、WEB開発の方向にキャリアを進めようと思ったら交友関係が変わって、どんどん情報が入ってくるようになりました。スタメンを知ったのは、友人から名古屋のスタートアップが創業パーティーをするらしいと誘われて参加してみたからです。そこにはエンジニアを志望する学生も何人かいたんですが、知識のある人ばかりで、その時には何も話せなかったのを覚えています。

そこからなぜインターンに応募したのですか?

その時に出会ったCTOの小林さんから、「興味あったら連絡してね」とだけ言われていました。プログラミングを独学で学ぶことに限界を感じていたタイミングだったので、環境を変えるのがベストだろうと思って、スキルアップのためにインターンに応募しました。

それから応募を経て小林さんと面談した後に、「自由にサービスを作る」という課題をいただきました。面談の帰りに早速、分厚い技術書を購入して、イチから勉強しながら作ってみました。完成度には不安を感じつつも、前日に徹夜で完成させました。

インターンとして入社したあとは、どのように開発の知識を身につけていったんですか?

初めはちょっとした規模の小さい機能を担当していました。小林さんの隣でこまめに画面を見せながら、同時に本を開いて作業していましたね。1つずつ丁寧に勉強するよりも、業務で必要なことを学んでいくのが一番だと感じていたので、とにかくスピードを意識して実践の中で知識を身につけていきました。

そんな中、とある新機能の開発を任された時に、かなりざっくりとした形でお願いされたんですよね。今まで触れてこなかった領域の知識も必要なのに、細かい手引きはなかったんです。サバンナにいきなり放り投げられたかと思いました(笑)

かなり大変だったんじゃないですか?

いやむしろ、「これを求めていたんだよ!これこれ!」といった感じでしたね(笑) スキルを向上させたい気持ちで創業期のベンチャーに飛び込んだので、いきなり実践に投げ込まれたのは嬉しかったです。もう一つよかったのは、当時は社長やCTO含め創業メンバーばかりのタイミングだったので、経営陣と毎日のように食事を一緒にしていたことです。空間を共にし、同じ時間を過ごせることすべてが自分にとっての大きな糧になりました。

インターン後、社員として入社したときはどういう気持ちでしたか?

僕は2016年の9月後半からインターンをスタートしたのですが、開発に集中したかったのですぐに大学院を休学し、週5フルタイムで事業に参加していました。ある日、加藤さん・小林さんとランチをしているときに、入社する決意を固めたことをお話しして、なかば当たり前のように正社員として入社することを決めていました。その時に、一員として改めて認めてもらえたことが嬉しかったですね。

マネージャーとしての
責任とチーム意識

業務に携わるようになってから、エンジニアとして意識していたことを教えてください。

TUNAGは開発初期と比べて機能面が変わっていった部分があるのですが、まさにその変わるタイミングの動き出しで大きな役割を任せてもらいました。これまでより粒度の大きい業務をドンッと任せてもらったんですが、当時の自分のキャパシティよりも大きいものでした。

質的にも量的にもハードでしたが、そこを乗り越えたことで、さらに知識・スキルともに身についた感覚があります。加えて、任されることの重要性というのか、どうしたらベンチャーで若手が成長していけるのかを、身をもって理解できた気がします。

「任され方」とは、どのようなことですか?

これはスタメンのプロダクト部全体に言えることですが、キャパ以上の役割を任せつつも、しっかりとしたフォロー体制があると思います。しっかりと仕事を任せながらも常に見てくれている。粗い部分もケアしてもらえる安心感があるからこそ、挑戦ができていると感じています。

マネージャーを任命されて変わったことはありますか?

今までは、自分が成果を出せるか出せないかという個人の目線しかありませんでしたが、今はチーム全体の目線を持ちながら業務を進めています。TUNAGをより便利なものにしていくために、日々新たな機能の開発を続けていますが、これまでは自分が担当する部分に注力していればよかったんです。

マネージャーになったことで、複数のプロジェクトに「テックリード(※)」として入り、技術面でのチェックやアドバイスをする立場になっています。チームとの共同作業に割く時間も長くなりました。また、今後新しいメンバーが入ってきたときにも、開発のルールやフローを理解しやすいように、再現性ということも意識するようになりましたね。
※テックリード:技術面での方向性を指揮・決定するポジション

スタメンの開発チームは、この1~2年でどう変わりましたか?

まずはメンバーが大幅に増えました。プロジェクトごとに役割が分かれているので、担当するメンバーに委ねられる部分が増えてきていますね。そのため、僕としては方向性やクオリティを統一していくマネジメントの難しさを感じています。ユーザーも何倍にもなっていて、昼も夜も使ってくれるお客様がいるので、そういった点からも責任感が増してきたと感じます。

変わらず残っているのは、社内の他のメンバーとの関わり方です。エンジニア同士はもちろんですが、ビジネスサイドとも密に関わる文化は健在です。すぐ近くにコンサルティング部のメンバーがいたり、東京や大阪の拠点とも常時テレビ会議で繋がっていたり、コミュニケーションの温かさが残っていることは、スタメンのいいところだと思います。

CTOへの道のり

今後はどのようなポジションを目指していきたいですか?

スタメンのCTOになりたいと思っています。小林さんのあとを引き継げるように努力したいですね。

CTOになるために、どんなことが必要だと考えていますか?

ズバリ、技術力がまず何よりも優先されると思っています。エンジニアの世界は「誰が」言うかよりも「何を」言うかが優先されます。知識やスキルを積み重ね、会社全体での信頼を勝ち取っていきたいです。加えて、欠かせないのは日々のコミュニケーションなど、細かい積み重ねですね。

今後のスタメンをどうしていきたいですか?

スタメンの強みを問われたときに、「技術力」と言える会社でありたいです。ビジネスサイドもかなり強力なメンバーが集まっていますが、それに負けずに両輪で会社を支えたいですね。技術力が自社の競争優位性になるような状態が理想です。そうなると取り組める事業の幅が広がりますし、よりハイレベルなエンジニアが集まる組織にしていけると思います。「隣の先輩が世界的に有名なエンジニアなんだよ!」ってかっこよくないですか?(笑) 優秀なメンバーが集まる組織はエンジニアにとって嬉しい環境なので、さらにチームが強くなっていくと思います。

最後に、どんな人と働きたいか教えてください。

チームの平均値を超えられる人に入社して欲しいです。それは必ずしも、現時点でのスキルで判断するわけではなく、自分がエンジニアチームを引き上げるんだという気概のあるかどうかが大切だと思います。素直さと覚悟があれば、自らのポテンシャルを引き上げられる環境がスタメンにはあります。暇さえあればコード書く、それくらいプログラム好きな人が集まれば、さらに強いチームになっていけると思っています。

PROFILE