社内エンゲージメントを高める称賛の文化~スタメンの「鐘」~

こんにちは、スタメン採用担当の田中です。

4月ですね!気持ちも新たに仕事や大学生活に取り組んでいる方が多いと思います。
個人的な話ですが、僕もスタメンに入社して丸3週間が経ちました。
あっという間に時が過ぎていきます。会社の成長に取り残されないように、
というより会社の成長を牽引できるよう頑張ります!

さて、今回はスタメンの文化を象徴する「鐘」と、
その前提となる行動指針「Star Way」についてご紹介します。

Finish Promise 〜約束を守り、最後までやりきる
Work Bravely 〜大胆に攻め、挑戦や失敗を讃える
Take Ownership 〜当事者意識を持って、自らが率先する
Say Niceplay 〜素直に認め合い、強みでチームを引き上げる
Enjoy Together 〜ワクワクを大事に、一体感を楽しむ

このような指針を胸に仕事に取り組んでいるわけですが、
中でも4つ目の”Say Niceplay”は特によく社内で見かける光景です。
メンバー同士が素直に認め合える組織は素敵ですよね。
その称賛の文化を支えているのが、これからご紹介する「鐘」です。

スタメンではメンバーのNiceplayを讃えるために鐘を鳴らしてお祝いをします。
全員から見えるところにひときわ輝く黄金の鐘。元ネタは映画『マイ・インターン』です。

例えば、入社して初めての契約を取ってきた、TUNAGの新しい機能を開発した、
経理業務に必要なデータベースを作成して作業がスムーズになった、
などという場面でオフィスの全員が集まって拍手を送ります。

「全員が」というのがポイントです。
見てる人まで嬉しくなる光景が、そこにはあります。

また鐘を鳴らす様子はTUNAG上でも公開され、
その場にいなかったメンバーにも共有されます。
コメントをもらえると嬉しいですよね!

新入社員も早速!

4月から、スタメンでも2名の新入社員が入社をしています!

2名とも内定者時代からインターンとして積極的に参加しているということもあり、
いきなり活躍してくれています。
1週目からガンガン電話で顧客開拓を行い、
2人そろって見事初のアポイントを獲得し
見事、鐘を鳴らすことができました!

■久保田桃加(南山大学出身)

自己紹介は[こちら]

■内ヶ島隆生(名古屋市立大学出身)

自己紹介は[こちら]


 

今回はスタメンの行動指針と、それを象徴する鐘をご紹介しました。
次回以降も会社の文化や制度を紹介していきます。
このBlogを通してスタメンという会社に興味を持ってもらえたり、
会社を好きになってくれたらいいなあと思いながら…。

スタメンでは採用活動に注力しています

「事業は人が作る」という考えから、新卒・中途ともに、
事業を一緒に拡大していく方を募集しています。
2016年に事業をスタートさせた当社も現在では
メンバーが25名まで増えていますが、今後さらに成長を拡大させていきます。

「人」や「組織」に関心のある方はもちろんですが、
何より、チームとしての結束を大事でき、
互いを認め合いながら事業とともに成長できる方と
一緒に働きたいと考えています。

少しでも興味を持っていただけたら、
まずは気軽に遊びに来ていただけたら嬉しいです。

写真はおしゃれだと好評をいただくことが多いオフィス。僕も初めて訪れたときは驚きましたが、今やすっかりお気に入りです。

Wantedlyでさらに詳しく採用情報を掲載しております。
ご連絡お待ちしております。