漏洩チェッカー 必要な機能を必要な分だけ、IT資産管理・ログ管理

漏洩チェッカーは、人的ミスなど内部からの情報漏洩を防ぐために、社用PCの管理・監視を行い、管理工数の効率化、情報漏洩対策を支援するクラウドセキュリティサービスです。

漏洩チェッカー 必要な機能を必要な分だけ、IT資産管理・ログ管理

ITトレンド年間ランキング「ログ管理システム」(集計期間:2023年1月1日~11月30日)

漏洩チェッカーがよく分かる!

サービス資料ダウンロード

漏洩チェッカーが選ばれる理由

  • 01

    中小企業のためのIT資産管理・操作ログ管理ツール

    漏洩チェッカーの機能のアイコン集
  • 02

    情シスでなくとも簡単に設定・運用できる管理画面

    簡単に設定・運用できるパソコンのイラスト
  • 03

    シンプルかつ低コストな料金プラン

    お金を表すイラスト
  • 04

    まずは無料で始められる(詳しくはこちら)

    ノートパソコンを使っている男性のイラスト

ポイント1

中小企業のためのIT資産管理・操作ログ管理ツール

漏洩チェッカーには、IT資産管理や操作ログ管理の機能が揃っており、中小企業が気軽に利用していただけます。パッケージではなく必要な機能だけを選んで導入できるため、無駄な機能を契約することなく低価格でスモールスタートできます。

必要な機能を必要な分だけのイラストと説明文

ポイント2

情シスでなくとも簡単に設定・運用できる管理画面

漏洩チェッカーの管理画面は、シンプルで使いやすく、運用負担が少ないことが特徴です。クラウドサービスのため社内サーバーの設置不要で、初めてIT資産管理や操作ログ管理のツールを使う方にも親しみやすい設計になっています。

簡単に設定・運用できる管理画面のGIF画像

ポイント3

シンプルかつ低コストな料金プラン

漏洩チェッカーの利用料金は、契約したPC端末台数と契約機能数に応じて決まります。必要な分だけ契約でき、契約後の追加請求もありません。見積書の作成を希望の方は、料金見積もりフォームからお問い合わせください。

料金プランの事例の説明図(PC版) 料金プランの事例の説明図(SP版)

ポイント4

まずは無料で始められる

漏洩チェッカーでは、端末数の上限なく全機能を7日間無料でご利用いただけます。無料トライアル期間中に様々な機能を体験していただき、本格運用のイメージを掴んでいただければ幸いです。トライアル期間中の設定内容は、ご契約後も継続してご利用いただけます。

漏洩チェッカーの利用シーン

オフィスでノートパソコンを使っている画像

情報漏洩を未然に防ぎ、
会社と従業員を守りたい。

会議室で議論している画像

効率的にIT資産管理を
行いたい。

工場で作業をしている画像

従業員の働き方を正しく
把握・評価するために
労務管理を徹底したい。

漏洩チェッカーの機能一覧

ハードウェア資産管理のアイコン

ハードウェア資産管理

# IT資産管理

パソコンのハードウェア情報(例:OS, バージョン, シリアル番号など)を取得し、管理画面上で一元管理することができます。

ソフトウェア資産管理のアイコン

ソフトウェア資産管理

# IT資産管理

インストールされているソフトウェア情報(例:セキュリティソフト,インストール日など)を取得し、管理画面上で一元管理することができます。

フォルダー監視のアイコン

フォルダー監視

# 情報漏洩対策

ファイルの作成、削除、名称変更などのログを取得することができます。社内の重要ファイルに関する操作にアラートを設定することも可能です。

スクリーン監視のアイコン

スクリーン監視

# 労務管理

一定間隔でPCのスクリーンショットを取得することができます。画像データでログが確認できるため、作業状況をパッと見で把握できます。

ログオン&ログオフ監視のアイコン

ログオン&ログオフ監視

# 労務管理

PCのログオン・ログオフのログを取得することができます。また、1ヶ月ごとにPC稼働時間のレポートを出力できます。

USBドライブ監視のアイコン

USBドライブ監視

# 情報漏洩対策

USBドライブ上のファイルの作成、削除、名称変更などのログを取得することができます。また、USBの利用自体を制限することも可能です。

Web操作監視のアイコン

Web操作監視

# 情報漏洩対策

Webブラウザの閲覧やダウンロードの履歴を取得することができます。閲覧を制限したいサイトを見た時にアラートを設定することも可能です。

ソフトウェア監視のアイコン

ソフトウェア監視

# 情報漏洩対策

ソフトウェアの稼働・終了ログを取得することができます。また、日次でソフトウェアの稼働レポートを出力できます。

運用開始までスムーズに行えます

運用開始までのフローを表した図(PC版) 運用開始までのフローを表した図(SP版)

東証上場企業が開発運営

東証ロゴ
運営会社 株式会社スタメン
所在地 東京本社:東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
名古屋本社:愛知県名古屋市中村区下広井町1-14-8
創業日 2016年8月1日
証券コード 4019(東証グロース市場)

展示会・イベントにも出展中

2024年6月11日 DX EXPO出展ブースの写真

2024年6月11日 DX EXPO

2024年4月24日 Japan IT Week出展ブースの写真

2024年4月24日 Japan IT Week

2023年10月10日 バックオフィスDXPO福岡出展ブースの写真

2023年10月10日 バックオフィスDXPO福岡